佐藤健主演「るろうに剣心」大ヒットの要因はおいしいお肉?

Pocket

佐藤健「るろうに剣心」撮影現場の裏話を公開

佐藤健

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開から10日間で、約185万人を動員!

興行収入、23億円を突破!

 

映画「るろうに剣心 伝説の最期編」が大ヒットを飛ばしています

 

スタントマンをほとんど使わずに

役者が生身で演ずる、アクションシーンが見所のようです

 

そんな、映画の大ヒットを記念して

主演の佐藤健さん(25)と大友啓史監督(48)が

都内9か所の劇場で舞台あいさつを行った

ZIPるろうに剣心佐藤健大友監督

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の情報番組 「ZIP/日本テレビ 月~金あさ5:50~8:00放送」では

二人のあわただしい1日に密着取材をしていました。

 

1日に9か所を回る為、

1回のあいさつはわずか10分!

 

そんな中でも、笑顔を絶やさない佐藤さん

 

さぞかし大変では?

 

「全然大変じゃないですよ!

直接お客さんの反応が見られるので嬉しいです」

ZIPるろうに剣心佐藤健

 

 

 

 

 

 

 

と一言

んー実にさわやか!

 

スタートから約10時間

ようやく、舞台あいさつが終了した

 

そんな中、1日中密着したZIP取材班が、あることを発見!

したらしい

 

そこで二人に報告!

 

ZIP:

「9か所も舞台挨拶に行くと、話がかぶらないようにするの

大変じゃなかったですか?」

 

佐藤、大友監督:

「あーでも、うまく行ったんじゃないですか」

 

ZIP: 「2回同じ話したのがあったんですけど・・・」

 

佐藤、大友監督:

「なになに?見てますね!」 「厳しいね!」

ZIPるろうに剣心かぶる

 

 

 

 

 

 

 

ZIP: 「焼肉の話です」

 

そう、唯一かぶったのが、焼肉の話だったのだとか

 

舞台あいさつ1回目では、

佐藤: 「山形は山形牛、京都は、おいしかったーすき焼きとか」

 

そして、舞台あいさつ7回目で、

佐藤: 「監督たちと、焼肉食べたはなしを覚えてますね。

そのビールが、おいしかった!」

 

確かに、お肉のはなし2回してますけど、内容は変えてるので

まるっきりのかぶりじゃないです

 

佐藤:

「本当に るのうに剣心の現場が、

肉ばっかり食べてた現場だったんですよ!」

 

大友監督:

「持たないよな、肉食わないと(笑)」

 

ZIP:

「お肉を食べないと、あのアクションは出来なかった?」

 

佐藤: 「出来ないです!」

 

ZIP:

「るろ剣 大ヒットの要因のひとつは、お肉?」

 

佐藤:

「お肉っていうか、 おいしいお肉ですね(笑)」

 

だそうです。

本当に、肉ばっかり食べていたんでしょうね。

そんな、撮影秘話でした。

 

肉のお陰で完成した、「るろうに剣心」

ぜひ、劇場で!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です