たった10円でうなぎやレバーに匹敵する栄養、さらに美肌が手に入る!?

Pocket

あの10円卵で健康美肌!

うずらの卵

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、10円で買えるもので、何が浮かびますか?

 

白黒コピー

切手?

うまか棒

 

10円では、あまりないですよね。

 

でも、誰もが見過ごしがちなスーパーの一角に

すごーい10円アイテムがあるんです。

 

この10円で

うなぎのかば焼きや、レバーに匹敵する栄養が手に入る。

 

たった10円で

イクラやキャビアのような、あの極上の食感が味わえる。

 

10円で

あのロシア女性の「美しさの源」が手に入る。

 

そんな信じられない10円アイテムを

「ためしてガッテン/NHK総合 水曜よる8時放映」で紹介してました。

 

この10円アイテムっていったい何?

 

うずら卵 まさかの栄養&超美味!

 

その正体は、

誰もが簡単に手に入れる事ができる うずらの卵 なのでした。

 

番組では、外国人にうずらの卵を知っているかインタビュー

 

タイの女性

「おやつ、デザートにいい」

デザート?

タイではデザートとして食べられたりしているらしいです。

 

中国の女性

「ゆで卵にして食べる。病み上がりの人や授乳中のお母さんに食べさせる」

中国では古くから滋養強壮に効くとして人々に重宝されたのだとか

 

ロシアの女性

「毎朝生で4、5個飲む」 生で飲む!?

まさにロッキーの世界

でも鶏卵よりは小さい分飲みやすいかも

 

ロシアのカップル

男性「大好物!食べたくなったら30個40個食べるよ」

女性「友達で生で飲んでいる子がいるわ」

ロシアでは生で飲むのが普通!?

 

そんなうずらの卵、

実はものすごい栄養パワーを秘めているって 知ってましたか?

 

うずら卵の栄養パワー

 

うずら卵には実は、次の様な栄養がたっぷりなのだそうです。

(鶏卵比100gあたり)

 

ビタミンB2・・・ 1.7倍!(うなぎなみ)

肌荒れ予防、疲労回復の効用

 

鉄分・・・ 1.7倍!(レバーなみ)

貧血予防

 

ビタミンB12・・・ 5.2倍!

慢性疲労、運動時の動悸、息切れに効果

 

葉酸・・・ 2.1倍!

葉酸はビタミンの一種

貧血予防、食欲不振に効果があり、

特に妊娠中の女性には大切と言われている。

 

あんな小さな卵にこれだけの栄養が詰まっているとは!

これが、ロシア女性の「美しさの源」だったのかも!?

 

でも、さすがに生でごっくんはちょっと・・・

番組では、うずら卵のおいしーい食べ方を紹介。

うずら卵をいくらやキャビアに匹敵する食感に変える裏技!

 

さらに、生のうずら卵を買った人の悩みナンバー1が、

「殻むきがつらい」だそうで、

自分もうずら卵の殻むきってしたことがなかったんですけど、

相当むきづらい様です。

 

番組では、そんな殻むきをラクに楽しくする裏技を紹介。

うずら卵の殻むきを楽しくするマル秘ワザとは!

 

健康、美容にいい、うずら卵ぜひ!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket

1 comment for “たった10円でうなぎやレバーに匹敵する栄養、さらに美肌が手に入る!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です