線香花火を長持ちさせる裏技!

Pocket

線香花火をもーっと長く楽しみたいのなら、〇〇〇するのがいい!

線香花火

 

 

 

 

 

 

 

 

夏と言えば、花火

花火でわびさび系の定番と言えば、線香花火

 

そのはかなさが、たまらないと言う人も

多いと思いますが、

 

すぐに玉が落ちちゃうと、

やっぱり悲しい気分になっちゃいますよね。

 

そんな、線香花火を長持ちさせる裏技が、

マサカメTV(NHK/土曜18:10~18:42放送)で

紹介されていました。

 

線香花火を長持ちさせるための

まさかの目の付けどころを持つ達人がいました。

 

打ち上げから、手持ちまで7色の火花を自在に操る、

花火師 川上孝行氏

 

「線香花火をもーっと長く楽しみたいのなら。

 斜めにするのがいいんです!」

マサカメ線香花火ななめ

 

 

 

 

 

 

番組では、普通に縦に持った場合と

斜めに持った場合とで玉が落ちるまで時間を比較

 

縦に持った場合・・・37秒

斜めに持った場合・・・1分10秒

 

なんと! 斜めのほうが、30秒以上も長持ちしました。

マサカメ線香花火比較

 

 

 

 

 

 

 

なぜでしょう。

 

線香花火を縦に持つと

火の玉が、写真青線部にしか、くっつかない。

マサカメ線香花火縦持ち

 

 

 

 

 

 

斜めの場合

火の玉がくっついている部分が多い

マサカメ線香花火ななめ持ち

 

 

 

 

 

 

 

この光景

どこかで見たことありませんか?

 

そうガラス工房!

 

ガラス工房の職人は、竿を斜めにして持ち

熱したガラスをなるべく竿にくっつけて作業をしている。

 

どちらが長い時間竿にくっついているか

比較すると一目了然

マサカメ線香花火ガラス工房比較

 

 

 

 

 

 

この夏、ぜひお試しを!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です