肌の老化の原因の80%が紫外線を浴びることによって起こる「光老化」に衝撃!

2%肌がダメージを受けると、3歳老ける!?

紫外線による老化

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事でUV(紫外線)に関して調べる機会があり

調べていたところ、

 

とある企業のパンフレットに

「肌の老化の原因の80%が、紫外線を浴びることで起こる」

 

と書いてある文章に出くわし、大変なショックを受けました。

 

マジですか!

紫外線が肌に良くない事は、それなりに知ってはいましたが

そこまでですか!?

 

で、仕事を忘れいろいろと考えてしまいました。

 

結論として、この事実を知ったからには、

もう、日焼けしている場合じゃないです。

 

だって、日焼けすればするほど、

どんどん肌が老化していくって事ですよ。

しかも急激に!

 

肌をいつまでも若々しく保ちたいなら

日焼けするな!ってことですよ。

 

調べてみると、これは仏ロレアルの

リサーチ&イノベーション・センターがおこなった調査で

わかったことのようです。

 

「日焼け好きの女性約150人と、美白命の女性約150人の

お肌の状態を専門家が解析。

その結果、シワを含むいわゆるお肌の“老化”の原因の

8割は、紫外線によるものであることが明らかに。

さらに2%お肌がダメージを受けるごとに、

3年も年をとって見えるようになることもわかったという。」

IRORIO

 

そこで、今回は紫外線の豆知識をまとめてみましたので、

今後のUVケアにお役立てください。

 

 

紫外線はシミだけでなく、シワやたるみの原因に

紫外線と聞くと、シミの原因になるというイメージが

強くないですか?

でも実は、シワやたるみの原因にもなるのだそうです。

 

目に紫外線が当たると、シミ・そばかすの原因に

目に紫外線が当たることで、目の細胞にダメージが。

すると、メラニンを作れと脳が指令を出すことで、

肌からメラニンが分泌され肌が黒くなる

⇒シミ・そばかすの原因となる

といった、メカニズムのようです。

目もしっかりサングラスなどで守りましょう。

 

UVAは窓ガラスでは遮断されない!

紫外線には3種類(UVA、UVB、UVC)あるのですが、

UVAは、窓ガラスを透過してしまうそうです。

家や車の窓から入ってくる紫外線にも

気をつけましょう。

 

雨上がりの晴れた日は紫外線が強い

紫外線は全部が地上に届くわけではなくて、

空気中のチリやホコリに当たって散乱したり、

吸収されたりするものもある。

ところが、雨が降って空気中のチリやホコリが洗い流されると、

直接届く紫外線が増える。

だから、雨上がりの晴れた日は、注意とのことです。

山や海に行く時も注意

標高1000m上がるごとに紫外線が10%増えるそうです。

富士山なんかに登ったら大変ですよ。

山頂まで行ったら37.76%増しです。

 

海辺では、紫外線が砂浜や水面で反射されるので

注意が必要とのこと。

しかし、それより危ないのは、スキー場らしいです。

 

反射率を調べると海辺では30%だが、

スキー場では、なんと85%!

気をつけましょう。

 

色の濃い服ほど、紫外線を透過しない

服以外でも、日傘、パラソルなども色の濃い方が

効果的とのことです。

 

ただ、色の濃いものは熱も吸収してしまうので、

夏場はきついですね。

 

いろいろな紫外線対策グッズもあるようです。

こちらを参考に!

ベルメゾンネット

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です