友達は遠い親戚! 遺伝子の1%を共有

同じ交友関係の中にいる人は、遺伝子の1%を共有していた!

友達

 

 

 

 

 

 

 

 

人は遺伝的に似ている相手を友人に選ぶ傾向があり、

友人の輪が5代前の祖先を共有する親戚たちで形成されている

と言えるほどだとする研究が、14日の米科学誌

「米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of SciencesPNAS)」

に発表された。

と7月15日のAFP通信で報じられました。

 

趣味、嗜好が同じ人同士が友達になりますよね。

 

そう考えると、遺伝子的に共通項があるって結果は

頷けます。

 

さらに記事では、

『 なお、友人同士の間で最も類似していた遺伝子は

「におい」をつかさどる部分で、

逆に最も異なっていたのはさまざまな疾患への

免疫をつかさどる遺伝子だったという。 』

と記載されていました。

 

と言うことは、

趣味、嗜好とその人の「におい」には、

何らかの関連性がある!?

ってことでしょうか?

 

記事全文

http://www.afpbb.com/articles/-/3020596

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です