極甘りんごの見分けかた フルーツ狩り前に必見




極上フルーツの見分けかた

皆さんは、フルーツ狩りに行かれたりしますか?

フルーツ狩りに行ったら、その中でも、できるだけ甘いフルーツを獲って食べたいですよね。

そんな甘いフルーツの見分け方について、

マサカメTV(NHK/土曜18:10~18:42放送)で紹介していました。

 

まずは、りんごから。

極上りんごの見つけ方ですが、見た目の赤さは関係ないそうです。

極甘りんごの見分け方、

その1) おしりが黄色いのを選ぶ

おしりの部分でりんごの熟し度合いがわかるそうです。

緑色ですと、まだ熟していないりんごです。

甘いりんごの見分け方

 

 

 

 

 

 

 

その2) 小さな擦り傷があるりんごを選ぶ

りんごは、傷が付くと、子孫を残そうと、できるだけ早く成熟しようとするらしいです。その結果、糖度が増すのだとか。

擦り傷が大きければ大きいほど甘くなるが、ほんのわずかな擦り傷でも甘くなるそうです。

甘いりんごの見分け方2

 

 

 

 

 

 

 

その他の極上フルーの見分け方





極上梨の見分け方

赤梨の場合ですが、ざらざらした肌ではなく、つるつるした肌のものが熟した証拠。赤梨は、熟すとざらざらした突起が取れてつるつるになるそうです。

 

甘いぶどうの見分け方

1つの房に粒の少ないもののほうが甘い!

ぶどうの木から、ひとつの房に供給できる栄養素は限られているため、1つの房の中に粒の少ないぶどうのほうが、一粒に送られる栄養が多いため甘くなるのだそうだ。

 

フルーツ狩りに行く人は、ぜひ参考に!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です