枝豆のゆで方を変えるだけで、とれたての極うまにする裏技!

とっても簡単!極うま枝豆レシピ

枝豆

 

 

 

 

 

 

 

 

NHKの「ためしてガッテン」(毎週水曜午後8時放送)で紹介していたレシピです。

とっても簡単なので、ぜひ試して見て下さい。

 

準備するもの

・干しえび 4尾 (香りつけなので無くても可)

・枝豆 1袋

・水 600ml

・砂糖 12g (小さじ4)

・塩 12g (小さじ2)

 

調理手順

1)30秒間なべを予熱したのち干しえびをから煎りする。

2)火を止めて枝豆、水、砂糖、塩を入れる。

3)火をつけて、ふたをしておよそ沸騰するまで3分、さらに3分前後お好みの固さまでゆでる。

4)ふり塩はお好みで。

 

以上です。ちょー簡単ですね。

 

このレシピの豆知識

なぜ砂糖を?

枝豆は、とれたてが一番おいしいのだそうです。とれたてと3日後とでは、全然おいしさが違う。いったい何が違うのか?

それは、枝豆の中の糖分が時間と共に減っていってしまうためだとか。

そこで、その失われた糖分を補うことで、とれたてのウマさを復活させることができる!

 

なぜ干しえびを?

茶豆って知っていますか?

香り、風味が良く、高級感のある枝豆の一種です。

干しえびを加えることで、この茶豆のような高級感を出すことが出来るのだそうです。

 

枝豆を使った簡単レシピ

番組では枝豆を使った簡単レシピも紹介していました。

紹介してくれていたのは、ただちゃ豆(茶豆)で有名な山形県鶴岡市出身のイタリアンシェフ奥田政行さん

前の日に食べ切れなかった枝豆を次の日のお昼においしくいただくレシピだそうです。

 

準備するもの

・枝豆 50g

・炊きたてごはん 1膳

・ノンオイルのツナ 15g

・ツナの汁 小さじ1

 

ごはんはあつあつなのがポイントだそうです。

あつあつのご飯に、ツナとツナの汁を入れて混ぜ合わせます。それだけです!

枝豆ごはん

 

 

 

 

 

 

食べ方は、まず枝豆を口の中に3サヤほど入れたあとに、ご飯を入れる。

枝豆の風味が口の中に広がり、ツナとの相乗効果でズワイガニの味に?なるそうです。

 

こちらも簡単なので、ぜひお試しを!

スポンサーリンク

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です